スポンサーサイト

2013.11.22 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    吉本巧とドライバー スイング 図解連続写真

    2013.11.22 Friday

    0

      スイングフォームが不格好なうえに球筋もバラバラで、ゴルフ仲間から失笑を買うばかりだったとしても、
      基礎から順序立てフォームを改善していくことができ、フィニッシュまで華麗に体を動かし、ボールもきれいな弾道を描くようになる練習方法がこちら





      あなたも、↓の中に思い当たることがあるんじゃないでしょうか??



      地獄のようなラウンドばかり

      練習するごとにスイングがかっこ悪くなる

      まぐれのパーが数回出たくらいの実力しかない

      ボールの芯を外して手にしびれが残る



      ゴルフ上達に悩む人はたくさんいますが、そのほとんどは、一貫性がなくリズム感のないスイングになってしまっているものです。


      自分ではうまく触れているつもりなのに、なぜこういったことになってしまっているのかというと、まず一つの原因は、

      いろんなところから得た知識をつぎはぎするような形で取り入れてしまっていることがあげられます。


      そのため、スイング中のどこかをちょっと変えると(たとえばグリップの握り方を変えると)、その影響が思わぬところに現れてしまい、

      その結果、今までできたことすらできなくなり、余計にスイングが乱れるようになってしまいます。


      スイングが上達しないもう一つの原因を上げると、それは、自分にとって耳触りの良い方法を選んでいることが考えられ、

      たとえば、手っ取り早く再現できそうなこととか、単調な練習を続けなくともできそうなことなど、自分にやりやすい情報ばかりを取り込んでいることがあげられます。


      こんな練習をしているうちは、結局は、自分の振りたいようにクラブを振っているだけになってしまうので、スイングが上達しないのはある意味当たり前の結果です。





      正しいスイングを身に着けるためには、今までは使わなった筋肉を動かすようになるなど、新たな動作をいくつも経験するもので、

      あなたも、人間のからの構造に適したスイングフォームを心がけることによって、スムーズにスイングがうまくなっていきますよ。


      吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術は、スイングの動きを大きく39個に分けて、それぞれのポイントでどんな点を意識しなければいけないのかがまとめられているレッスンマニュアルです。



      「39個以上も気を付けなければいけないポイントがあるのか。。。」と思うと、一瞬、気が重くなってしまうものですが、中身を見てみると、

      スタンスの取り方であったり、グリップの握り方、フィニッシュの姿勢など、スイング動作中とは別のポイントも多数含まれていますので、

      実際の練習で気を付けるべきポイントは、それほどたくさんあるわけではありません。




      吉本巧さんとはちなみに、これまでに2万人以上へゴルフレッスンをしてきた実績のあるレッスンプロで、

      吉本巧さんの教え子の中には、彼と同じくレッスンコーチとして活躍するまでにレベルアップした人がいるほどです。


      ツアープロに特化したレッスンプロなどもいるのですが、吉本巧さんの場合には、そういったゴルフ経験・レベルには全く関係なく指導を行ってきたことから、

      どんなレベルの人はどんなところでつまづきやすいのか?どんな悩みを持っているものなのか?という膨大なデータを蓄積しています。




      ドライバー基礎ゴルフ上達術には今までに蓄えてきたさまざまなノウハウの中から、

      特にドライバーの飛距離アップと方向感の安定化につながるものが厳選されており、

      よほどのミスショットをしない限り、ほとんどのコースで2打目を打つのがあなたが一番最初になりますよ。



      ツアープロからも推薦の声が届いてる吉本巧のドライバー基礎ゴルフ上達術で「両肩の入れ替え」なども手軽に再現するコツをこちらでも詳しく紹介しています。


      受験への最終兵器”トリロジー” 河原利彦 口コミ評判
      バストアップラボ 効果
      人に好かれる会話術 木多崇将 口コミ体験談



      1